子どもの親権者の決定方法と母親が親権者にならないケース

子どもの親権者の決定方法と母親が親権者にならないケース

子どもの親権者の決定方法と母親が親権者にならないケース

子どもの親権者の決定方法と母親が親権者にならないケース

離婚の際に、子どもの親権者の決定方法や、母親が親権者にならないケースもある事を知っていますか?

夫婦が離婚するときに、まだ未成年の子どもがいるときは、親権者を必ず決めなければいけません。
実際上では、母親が引き取ることが多いのですが、親権を決める際にの基本的な方法は話し合いです。
しかし、離婚裁判や離婚調停まで話し合う場合には、慰謝料などの問題だけでなく、親権問題が中心になる場合も多くあります。
そして、最終的には、裁判所がどちらに親権を渡すかを決定します。
実際の事例では特に子どもが小さいうちは、裁判所や社会的にも母親を親権者として認めるケースが圧倒的に多いです。
親権はどちらを親権者にすれば子どものためになるかで決まります。
父母の生活状況や、監護体制を見ます。
経済力は基準の一つになります。
そして、子どもの意思と生活状況です。
また、離婚の原因も基いて準になってきます。
子どもが父親になついて、自分の不貞行為の相手に拒絶反応を示す場合は、母親に親権は認められないでしょう。

マンション選びのポイントは云々かんぬんなんて・・・人様にレクチャーできるほど私も詳しいわけではありませんが、自分が中古マンションを実際に買ってみて今感じていることが、これからマンションを買おうとしている方に、少しでも参考になればと思います。  私は夫がもう50歳を過ぎていましたので、年齢的に長期のローンを組んでも厳しいし、無理しないで中古にしました。通勤を考えて住みたい場所もだいたい決まっていましたし、3人家族なので間取りも3LDK以上で探しました。  新築にしても中古でも、物件をたくさん見るとかえって迷って決められなくなる人も多いようです。どれにしようか迷っているうちに売れてしまった、なんてことにもなりかねません。100%完璧な家など無いので、自分にとっての優先順位は何なのかをリストアップしておくといいかと思います。  今、私はマンションの理事をしていますが、長期修繕計画を見ていて考えたことは、マンションの規模というのも大切だということです。大規模修繕はいつか必ずやらなければならないでしょう。その時、1棟20邸とか30邸の小規模マンションだと1世帯当たりの負担が大きくなるんではないでしょうか。マンションの大きさが半分だとしても、費用が単純に半分になるとは考えにくいからです。まあ、これはあくまで想像ですが。

 

瀬田や大津、滋賀に守口で分譲住宅や一戸建て購入比較検討